マイナスイオン測定ソクテイ試験シケン
平成14年10月25日
試験シケン機関キカン 〒542-0081 大阪市オオサカシ中央区チュウオウクミナミ船橋フナバシ4-9-11 ジュンヨコビル3F
遠赤外線エンセキガイセン応用オウヨウ研究会ケンキュウカイ
電話デンワ 06-6251-7619
メール info@softenergy1.com
ココロ リョウ  (有)ユウアークテック 鉱石コウセキ42%溶解ヨウカイガラス
測定ソクテイ機器キキ  (株)カブエコホリスティックセイ イオンカウンター EB-12A
測定ソクテイ環境カンキョウ  天候テンコウハレ 室温シツオン=22.1 湿度シツド=42%
測定値ソクテイチ  ブン   経過ケイカ時間ジカンビョウ 測定ソクテイアタイ/CC)
  5 45
室内シツナイイオン 10   40
  15   45
  20 480
  25   520
  30 572
  35   508
シズ  40 537
  45   695
  50 518
  55   563
  60   607
  65 45
室内シツナイイオン 70   40
  75   45
ムスブ ハタシ 室内シツナイマイナスイオン平均値ヘイキンチ 43/CC
試料シリョウマイナスイオン平均値ヘイキンチ 555.5/CC
(最小サイショウ480     最大サイダイ695)
遠赤外線エンセキガイセン放射ホウシャリツのFTIR測定ソクテイ
試験シケン機関キカン 同上ドウジョウ 平成14年11月11日
ココロ リョウ  (有)ユウアークテック 鉱石コウセキ42%溶解ヨウカイガラス
測定ソクテイ温度オンド  35℃
測定ソクテイ機種キシュ  JIR-E500
測定ソクテイ条件ジョウケン  分解能ブンカイノウ=1/16p
 積算セキサン回数カイスウ=200カイ
 検知器ケンチキ=MCT
35℃におけるエネルギーリョウおよび放射ホウシャリツ(6〜16μm平均ヘイキン
ココロ リョウ ゼンエネルギー(W/m2) 全放射ホウシャリツ(%)
溶解ヨウカイガラス 878 89.9
理想リソウコクタイ 790  
食品ショクヒン鮮度センド保持ホジ効果コウカ
試験シケン機関キカン 同上ドウジョウ 平成ヘイセイ14ネン10ガツ

普通の陶器の皿と溶解ガラスに同ロットのホウレン草を置き3日後と7日後の写真を
撮影した結果明らかにホウレン草の枯れていく度合に変化が見られる
これにより溶解ガラスの方が食品の鮮度保持効果が高いと判定できる


このページのトップへ